宝石泥棒

長編推理小説

光文社文庫

斎藤栄

1990年4月1日

光文社

619円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

東京の迎賓館で、ヨーロッパ小国の大公妃が世界有数のダイヤを盗まれた。一方、銀行員の筧は、婚約者の母親の経営する宝石店が狙われていると知り、張り込むが、まんまと奪われる。その直後、宝石泥棒一味の運び役が死体で発見された。二つの事件を結ぶ糸は?宝石鑑別者は資格を持つ著者ならではの異色推理傑作。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

4

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください