沈黙の渚

長編ハード・ロマン

光文社文庫

西村寿行

1990年5月1日

光文社

576円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

パンナム783便が、ソ連のミサイル攻撃によって撃墜され、レーダーから忽然と消えた。一方、政府の依頼で海上保安庁特別警視監に復職した関守充介が三人の密入国者を護送中、乗車した新幹線が何者かに爆破された!日本を舞台に大国間の暗闘を壮大なスケールで描く、大好評“渚シリーズ”第3弾。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください