柳生石舟斎

長編時代小説

光文社文庫

山岡荘八

1991年8月1日

光文社

662円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

剣聖・上泉伊勢守を柳生の里に迎えた宗厳(石舟斎)は、剣聖の剣技に心酔し、師と仰ぐ。戦国乱世の非道な殺し合いの中で、「剣の道は、殺傷のみを目的にするのではない」と気づき、修錬を重ねて、ついに秘技「無刀取り」を会得。その子宗矩は、将軍家の兵法指南として、柳生の剣を後世に伝える道を拓く。天下の指南役、柳生一族の礎を築いた男の波瀾を描く。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください