母の情人(アマン)

傑作小説

光文社文庫

富島健夫

1992年7月31日

光文社

565円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

「ね、一回でいいから、貸してくれない?」。三重は冗談まじりに母の佐知子に頼んだ。佐知子の情人・中山と寝てみたい…。ふたりの秘め事を垣間見た三重の感想はそれだった。他方、中山も母娘の違いを知りたいという〈悪魔的な欲望〉が…。(標題作)。著者永遠のモチーフ「若者たちの悩める性」。その多彩な貌を浮き彫りにしながら語られる、美しき神話の数々。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください