二階堂警部の逆襲

長編推理小説

光文社文庫

斎藤栄

1992年7月1日

光文社

533円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

二階堂警部の妻でタロット占いの名手・日美子は、上越新幹線「あさひ」の車中で瀕死の綾乃木亜以を発見した。亜以は「コアラにやられた」と謎の言葉を残したまま絶命。容疑は亜以の養子夫婦へ。だが、2人にはアリバイが…。難航する捜査の中で、二階堂の腹心・後藤刑事が重傷を負い、さらに第2、第3の殺人が。怒りに燃える二階堂警部の鋭利な推理。本格意欲作。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

4

読書中

0

既読

0

未指定

4

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください