斜め「首つりの木」殺人事件

長編推理小説

光文社文庫

本岡類

1994年1月31日

光文社

619円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

八年前、大雪山旭岳で人妻がヒグマに喰われ、さらに四年前、新妻が豪州でサメに襲われた。実は、二人の夫は同一人物・桐原透で、彼は多額の保険金を手にしていた。例の保険金殺人か?マスコミが騒然とするなか、捜査にのりだすスーパー坊主・秀円。ところが、疑惑の桐原が密室から誘拐され、〈首つりの木〉でも怪事件が…。二転三転、長編推理の力作。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください