王将殺人

長編推理小説

光文社文庫

斎藤栄

1994年7月31日

光文社

619円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

北海道定山渓での対局に勝ち、アマチュア将棋界の最高の座に就いた星純一。その夜、純一の後援会長・倉西正文が、札幌のホテルの浴室で殺された。彼は父・恵三の不審な言動に不安を覚える。また、恋人・真理子の父親・森田八段にも容疑が…。殺害現場に残された、まちがえた棋譜の意味は。亡き母が純一に遺した曲詰の秘密とは。棋界に精通する著者の力作。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

3

読書中

0

既読

0

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください