夜に聞く歌

傑作恐怖小説

光文社文庫

阿刀田高

1994年11月30日

光文社

565円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

入院中の長男を見舞う絹子。その姿を竹林の中から見つめるどくろが一つ。どこからともなく聞き覚えのある歌が流れ、絹子の記憶の底から、あの男の言葉が甦える…。(「骨」)死んだはずの昔の女。突然、蒸発した学生時代の友人…。短編の第一人者が描く一文字題名の魔訶不思議な世界。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

6

読書中

0

既読

5

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください