京都冬の旅殺人事件

長編推理小説

光文社文庫

和久峻三

1994年12月31日

光文社

523円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

ゆ、幽霊ー雪景色が幻想的な京都・嵐山の旅館で、柊春子と行天燎子は戦慄した。調べると、古井戸から女性の絞殺死体が。犯人は、数日前に被害者と投宿した高級コールガールの総元締め・中西美希子、だが、彼女の行くえを突きとめるまえに、第二の悲劇が起きた。死の伝言、連続殺人、丁々発止の法廷シーン。赤かぶ検事シリーズ、文庫書下ろし最新作。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください