ニセコ積丹殺人旅行

長編推理小説

光文社文庫

斎藤栄

1995年1月31日

光文社

628円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

もと神奈川県警で名刑事と謳われた星月源吾は、退職後、妻の冴子と積丹半島一周の旅に出た。その夜、彼は同宿した中老の夫婦の訴えで、神威岬のトンネル内で起きた人妻強姦事件解明に乗りだす。被害者・浜川多美子は、高校の同級生・重松洋三が犯人だと言う。だが、重松には鉄壁のアリバイが…。アッと驚くトリック。退職刑事の推理が冴える長編旅行推理。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

3

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください