死角の時刻表

長編推理小説

光文社文庫

斎藤栄

1995年7月31日

光文社

565円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

全国のSLファンが集まった伯備線沿線の山林で、殺人事件が発生。一方、秋田市内の公園で死体となって発見された具塚充は、熱烈なSLファンで、岡山県の事件当日、現場近くにいたことがわかった。だが、二つの事件の捜査線上に浮かんだ容疑者には、鉄壁のアリバイが…。時刻表に隠された意外な落とし穴。岡山ー秋田を結ぶ殺人ルートの謎。長編進理の傑作。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

3

読書中

0

既読

0

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください