函館・江差旅情殺人

長編推理小説

光文社文庫

斎藤栄

1996年1月31日

光文社

565円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

凶悪な宝石強盗団が鎌倉駅前の宝石店を襲った。一味の手口は店主夫妻を射殺し、右耳を切り落とす残虐極まりないもの。事件担当の後藤刑事は、現場で拾った一本のボールペンから函館に潜伏中の犯人に迫るが、逆に撃たれて重傷を負った。報せを受けたかつての上司・二階堂は、大熊刑事や日美子とともに、急遽、函館へ。二階堂&日美子の夫唱婦随コンビが大活躍。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

3

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください