香港殺人旅行

長編推理小説

光文社文庫

斎藤栄

1996年12月31日

光文社

628円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

香港帰りの団体旅行客・谷口拓郎が、空港からのタクシーの中で急死した。死因は心臓発作。一方、神戸港の臨海倉庫からは、若い女の手足が発見された。兄の死に不審を抱いた谷口の妹礼子は、同じツアーに参加していた神奈川県警の水田警部補を訪ねるが…。香港と東京の“地域差”を巧みに利用した犯罪事件。「公害と観光」をはじめて結びつけた公害ミステリー決定版。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

3

読書中

0

既読

0

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください