日美子の帰還(リターン)

長編推理小説

光文社文庫

斎藤栄

1998年9月20日

光文社

586円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

小説家志望の中国人・叢中榕は、父親の縁で親しくなった二階堂警視から、有益な意見を得て小説を書いた。『フーダニット』と題された小説は、バラバラにされた死体が各地で発見されるという本格もの。しかも、二階堂と妻の日美子までが作品中に登場する。二人は、読後の感想を中榕に話しはじめるが…。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

4

読書中

0

既読

0

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください