誰が竜馬を殺したか

幕末秘史 長編歴史ミステリー

光文社文庫

三好徹

2000年2月29日

光文社

502円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

もしあと一年生きていたら、日本の歴史は変わっていただろうと言われる坂本竜馬。慶応三年(1867年)、京都・河原町の近江屋で、中岡慎太郎とともに殺されるが、襲撃者は諸説紛々、謎に包まれている。著者は、新資料を駆使し真相に肉薄、ついに真犯人、陰で糸を引いた黒幕を断定した。竜馬暗殺伝説に終止符を打つ、歴史ミステリーの傑作。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstarstarstar 5

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください