二階堂警視の毒蜘蛛

長編推理小説

光文社文庫

斎藤栄

2000年9月30日

光文社

565円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

箱根山中の別荘で、厚務省次官が喉に咬傷を遺して怪死した。その直前、管理人が庭先で見た巨大なクモ!さらに付近のホテルで米国人女性も巨大グモを目撃していた。その毒蜘蛛が、今度は奈良県の八瀬寺に現れ、大僧正を襲った。日本に生息していないはずの巨大毒蜘蛛。二階堂警視は、合同捜査連絡会議を組織し、捜査に乗り出す。著者会心の長編ミステリー。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

3

読書中

0

既読

0

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください