十三角関係

名探偵篇

光文社文庫

山田風太郎

2001年3月31日

光文社

942円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

第二巻には、風太郎現代ミステリ唯一のシリーズ探偵・荊木歓喜の登場する八短篇と一長篇を収めた。荊木歓喜は新宿のボロアパート、チンプン館に住む酔いどれ医者。売春婦の堕胎を専門とするこの先生は、蓬髪肥満で片足が不自由、頬には大きな三日月傷があるという怪人物だが、抜群の推理力の持ち主で、ヤクザや売春婦のみならず、警察からも一目置かれる存在である。日本ミステリー文学大賞第4回大賞受賞記念。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstar 3

読みたい

0

未読

4

読書中

0

既読

4

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください