「新趣味」傑作選

光文社文庫

ミステリー文学資料館

2001年11月30日

光文社

680円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

1922年に創刊された「新趣味」は、毎号探偵小説のみで誌面構成された初めての雑誌だった。その第四号で、「全誌面を徹頭徹尾、外国の探偵小説を主とし…」と宣言し、以後、翻訳探偵小説誌に変身する。その一方で、探偵小説の懸賞募集を行い、角田喜久雄、甲賀三郎、本多緒生らを輩出するなど、その存在は大きいものがあった。好評シリーズ第7弾。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください