授賞式に間に合えば

長編ユーモア・サスペンス

光文社文庫

赤川次郎

2002年4月30日

光文社

523円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

作家生活三十五年。全く「賞」と無縁だった竜ヶ崎肇が、日本文豪大賞を受賞。喜びもひとしおの竜ヶ崎のもとへ、こともあろうに授賞式の直前に脅迫電話が!かつて関係のあった女から「受賞作は盗作だ」とー。竜ヶ崎は、やむをえず指定されたホテルへ。ところがホテルの部屋にはベッドに横たわる“虫の息”の女が!果たして晴れの授賞式に間に合うのか。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください