平城京殺人事件

「長屋王の変」異聞 長編歴史推理小説

光文社文庫

深谷忠記

2004年12月31日

光文社

680円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

長屋王発願の写経に携わった下級官吏東人は、長屋王の付した跋文に秘かな危惧を抱く。やがて、身分の壁に出世の望みも絶たれた彼の前に、予期せぬ運命が。一方、天武天皇の皇子新田部は死の床で長屋王の変を回想していた。生涯一度の一族繁栄の好機を逃したことを後悔しつつ…。権勢をほしいままにした長屋王を自尽に追い込んだ真相とは?奈良朝最大の謎に迫る。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください