猫は聖夜に推理する

猫探偵正太郎の冒険2 連作推理小説

光文社文庫

柴田よしき

2005年11月30日

光文社

616円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

クリスマス・イヴに、推理作家・桜川ひとみは、リビングで膝の上の猫・正太郎に語りかける。イヴの失恋の思い出。彼に渡せなかったプレゼント。「プレゼントは、いったい何だったでしょうか。推理してください」正太郎は小首を傾げ、「答」を示した…(「賢者の贈り物」)。本格推理、ラブ・ストーリー、宇宙を駆ける「番外編」など、好評、猫探偵の六つの事件簿。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstar
star
3.15

読みたい

2

未読

1

読書中

0

既読

13

未指定

13

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください