斬りて候(下)

ぜえろく武士道覚書 長編時代小説

光文社文庫

門田泰明

2005年12月31日

光文社

649円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

凶悪斬殺犯が捕縛された京都に、再び暗雲が垂れ込めた。名刹刀栄寺での強殺事件は、政宗と心情交わせる小料理屋「胡蝶」の美貌の女将・早苗の仇討ちが関係していた。「仇」を探索する政宗に、京都を震え上がらせる陰謀が襲い掛かる!血戦の地に向かう政宗を待ち受ける想像を絶する手練れ集団!刃の火花散る圧倒的迫力。胸を打つ人情。類を見ない時代小説ここに誕生。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstar 2

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

4

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください