日美子の魔家族

長編推理小説

光文社文庫

斎藤栄

2006年1月31日

光文社

607円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

ーこれはタロット日美子が19歳の夏に起きた事件ですー日美子と有里江と邦香の仲良しトリオ。その有里江の姉・左千子が失踪した。彼女は邦香の父で三人の教師であった郁夫と交際していたらしい。三人は行方を探して、郁夫の借りている別荘へ。そこで郁夫の死体を発見するが、わずかの間に死体は消失。左千子と郁夫は何処へ?そしてさらなる怪事件が…。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

4

読書中

0

既読

0

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください