夜の河を渡れ

長編小説

光文社文庫

梁石日

2006年4月30日

光文社

565円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

欲望の渦巻く街、新宿・歌舞伎町。その只中でホテトルを営む若者、李哲博と朴政道。かつてはボクシングとサッカーの名選手だった二人だが、いまは挫折感にもどかしい日々を送っていた。一発逆転を夢見る彼らはポーカー賭博をはじめ、次々と手を広げていく。そして危険な大博打、いわく付きのビル買収に打って出るが…。アウトローたちの青春を鮮烈に描く傑作長編。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

4

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください