流星のごとく

御算用日記 長編時代小説

光文社文庫

六道慧

2006年9月30日

光文社

691円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

「そやつは贋者じゃ、数之進にあらず」。-幕府御算用者・生田数之進は、いつもとは違う方法で、筑後国鶴見藩に潜入している。走り者が続発し、財政は苦しいはずなのに、なぜか贅沢を続けられる藩。その調査を続けるうち、明らかになる驚愕のからくり。そして、その奥には、さらに根深い陰謀が…。千両智恵が窮地を救う、好評シリーズ、待望の第4弾。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

4

未指定

7

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください