火怨裁き

裏火盗罪科帖7 長編時代小説

光文社文庫

吉田雄亮

2007年4月30日

光文社

649円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

押し込んだ屋敷の家人を皆殺しにし、放火して去る凶盗・赤猫の捨蔵が江戸の町へ戻ってきた。大火を恐れ、恐怖におののく町人たち。押し込まれた屋敷の焼け跡に残る、異国の風景を描いた肉筆の浮世絵。凶盗の使う武器は剣術指南役・柳生家に伝わる柳生流十字手裏剣だった。柳生と凶盗一味に見え隠れする深い関わり。裏火盗・結城蔵人の必死の探索はつづく。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください