みなとみらいで捕まえて

連作推理小説

光文社文庫

鯨統一郎

2007年2月28日

光文社

680円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

訳あって、警視庁から神奈川県警に出向してきた自称・敏腕刑事の半任優里警部。パートナーはショートヘアの若き女性刑事・南登野洋子。二人を悩ます難解で突飛な不可能犯罪の数々。“酩淡亭”に住む、百十七歳の名探偵にして論語研究家・明丹廷が、孔子の言葉を引用し、たちどころに事件の謎を解く!?横浜の名所を楽しみながら、鯨流超絶推理が横溢する傑作。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

3

読書中

0

既読

6

未指定

21

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください