ひたすら奇妙にこわい話

寄せられた「体験」

光文社文庫

阿刀田高

2007年7月31日

光文社

565円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

アメリカはオハイオ州の半分眠ったようなのどかな町。日本での仕事に疲れきった私は、恋人とこの町に暮らしはじめた。たっ、たっ、たっ、たっ…。深夜に何者かが走る音が聞こえる。思いきって外に出ると、そこには、黄色いスクールバッグを背負った金髪、青い瞳、ソバカスだらけの少年が…(最優秀作)。大好評シリーズ、通算第7弾。ますます冴える奇妙なこわさ。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

3

読書中

0

既読

1

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください