龍臥亭幻想(上)

長編本格推理小説

光文社文庫

島田荘司

2007年10月31日

光文社

748円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

石岡和己、犬坊里美、そして加納通子ー。雪に閉ざされた龍臥亭に、八年前のあの事件の関係者が、再び集まった。雪中から発見された行き倒れの死体と、衆人環視の神社から、神隠しのように消えた巫女の謎!貝繁村に伝わる「森孝魔王」の伝説との不思議な符合は、何を意味するのか?幻想の「龍臥亭事件」が、いま、その幕を開ける。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(3

starstarstarstar 4

読みたい

4

未読

7

読書中

0

既読

19

未指定

24

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

 

starstarstarstar 4.0 2021年08月31日

御手洗シリーズにはまって順に読み進め、「龍臥亭事件」を読み終わって、その後に続くタイトルの中に「龍臥亭幻想」を見て「!?」となった。またあの龍臥亭絡みの事件が起きるのか!?と。 今回もまた、壮絶な事件に巻き込まれる石岡和己。一読者として、頑張って!と励まし、時には、もうそんなに頑張らなくてもいいよ…と言いたくもなる。 上下巻に別れているが、量はそれほど多くはないので二冊あっという間に読めてしまう。 御手洗シリーズ好きには、是非とも読んでほしい。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください