さすらい右近無頼剣

連作時代小説

光文社文庫

鳴海丈

2007年10月31日

光文社

565円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

愛妻・八重と引き裂かれ、関八州を流れ歩く素浪人・秋草右近。凶盗の人質にとられた子供の命を救おうと捨て身の策を講じー、かかわりになった女渡世人の一家を助けー、出奔した大名の次男坊と珍道中ー。放蕩無頼の日々を送る中で、右近は何故、刃のない鉄刀を佩びるようになったのか…。若き日の荒々しい右近の活躍と成長を描く、文庫書下ろし三編。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください