透明な檻

長編推理小説

光文社文庫

赤川次郎

2008年6月30日

光文社

628円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

会社員の佐田弘史は、娘のかなえが通う女子校の美術教師・柳本靖代と関係を持ってしまう。罪悪感を持ちながらも、別れることができずにいた。佐田が再び彼女と二人きりで過ごしていた夜、娘の同級生が何者かに暴行されたー。浮気を公にできず、アリバイのない佐田に容疑が向けられる。平穏な生活を奪われ「絆」を失いつつある家族に、さらなる事件が襲いかかる。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

5

未指定

12

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください