白光

長編推理小説

光文社文庫

連城三紀彦

2008年8月31日

光文社

682円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

ごく普通のありきたりな家庭。夫がいて娘がいて、いたって平凡な日常ーのはずだった。しかし、ある暑い夏の日、まだ幼い姪が自宅で何者かに殺害され庭に埋められてしまう。この殺人事件をきっかけに、次々に明らかになっていく家族の崩壊、衝撃の事実。殺害動機は家族全員に存在していた。真犯人はいったい誰なのか?連城ミステリーの最高傑作がここに。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(5

starstarstar
star
3.24

読みたい

7

未読

12

読書中

0

既読

43

未指定

41

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

(無題)

starstar
star
2.7 2020年11月14日

このレビューはネタバレ要素を含みます全て見る

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください