将監さまの橋

傑作時代小説

光文社文庫

澤田ふじ子

2008年11月30日

光文社

628円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

美濃・大垣藩で御用所祐筆番頭を務める桃田彦十郎は、竹馬の友人である八坂雅右衛門から隣家に住む郡奉行所同心・大隅高蔵の難儀を耳にした。高蔵が京詰めの時、質の悪い女に引っかかり、兄と称する男に脅されているという。しかも男は相当な剣の手練だそうだ。家中随一の剣技をもつ彦十郎は、律儀で真正直な隣人の危難を救うべく動くが…(表題作)。全九編収録。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

2

読書中

0

既読

2

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください