江戸橋慕情

研ぎ師人情始末9 長編時代小説

光文社文庫

稲葉稔

2008年12月31日

光文社

649円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

南町奉行所の臨時廻り同心・横山秀蔵と手下の次郎は、花魁殺しの亥ノ吉を捕縛した。亥ノ吉は女郎屋の主だが、足抜け女郎を囲って商売をしたため吉原から追われ、さらに子供を陰間茶屋に売る人攫いとして町方にも追われていた。その亥ノ吉が大番屋の牢を破って遁走。荒金菊之助は、従兄弟の秀蔵から助っ人を頼まれ、必死に悪党の退路を断とうとするが…。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

2

未指定

4

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください