流星の降る町

長編推理小説

光文社文庫

森村誠一

2008年12月31日

光文社

586円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

日本最大の暴力団が企んだ前代未聞の大計画!風光明媚な町を乗っ取り、組の「首都」にする策謀に、七人の市民が立ち上がった。戦略を担当する元軍人、引退した泥棒、射撃のプロである元SPらが、特技を生かして、暴力団に対抗する。戦わずして逃げつづけたそれぞれの人生の復活を賭けてー。その凄絶な攻防を、息もつかせぬ筆致で描いた、活劇ミステリーの傑作。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

2

未指定

4

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください