光文社文庫

松本清張

2009年1月20日

光文社

691円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

数百人の声を聞き分けられるベテランの電話交換手がある夜、偶然に強盗殺人犯の声を聞いてしまう。月日は流れ、結婚して職をはなれた彼女の耳にあの声が…。名作サスペンス「声」と「顔」、実際の天皇行幸誤導事件を元に書いた「尊厳」や足利義昭を扱った「陰謀将軍」など、清張ミステリー&サスペンスの醍醐味満載の六編を収めた第五巻。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

1

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

5

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください