スコーレno.4

光文社文庫

宮下奈都

2009年11月30日

光文社

628円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

自由奔放な妹・七葉に比べて自分は平凡だと思っている女の子・津川麻子。そんな彼女も、中学、高校、大学、就職を通して4つのスコーレ(学校)と出会い、少女から女性へと変わっていく。そして、彼女が遅まきながらやっと気づいた自分のいちばん大切なものとは…。ひとりの女性が悩み苦しみながらも成長する姿を淡く切なく美しく描きあげた傑作。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(18

starstarstarstar
star
4.03

読みたい

242

未読

25

読書中

2

既読

172

未指定

137

書店員レビュー(2)
書店員レビュー一覧

ひさだかおり

書店員@精文館書店中島新町店

(無題)

starstarstarstarstar
5.0
0
2020年01月16日

宮下奈都「スコーレNo.4」

--
0
2019年12月26日

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

(無題)

starstarstarstarstar 5.0 2019年01月05日

淡々と綺麗に流れている感じがして、とても心地よい小説でした。 女性受けする小説、反対に男性には分かり辛い小説だと思います。 靴屋のエピソードが一番気に入りました。 これはずっと手元に置いておきたいお気に入りの小説。 彼女の他の小説も是非読んでみたい。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください