再びのぶたぶた

光文社文庫

矢崎ありみ

2009年12月20日

光文社

544円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

小池信江は、亡き夫との思い出の公園を訪れていた。まさに桜が満開の季節。桜吹雪の中、つい眠り込んでしまった信江に話しかけてきたのは、可愛い点目のぶたのぬいぐるみだった。熱を出して倒れたことから、彼女と彼の不思議な同居生活が始まる…(「桜色七日」)。ほか、心優しきぶたぶたが人々に温かな波紋を拡げてゆく、ハートウォーミング・ストーリー全五編を収録。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(5

starstarstarstar
star
4.4

読みたい

7

未読

3

読書中

0

既読

29

未指定

22

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください