狼花

新宿鮫9 長編刑事小説

光文社文庫

大沢在昌

2010年1月31日

光文社

1,005円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

大麻所持で逮捕されたナイジェリア人の取調べにあたった鮫島は麻薬ルートの捜査に乗り出し、盗品を専門に売買する「泥棒市場」の存在を突き止める。この組織の背後には鮫島の宿敵、仙田がいた。一方、鮫島と同期でキャリアの香田は新設の組織犯罪対策部の理事官へ異動。香田は外国人組織の撲滅のため暴力団と手を組むことを画策していた。シリーズ最大の問題作。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(4

starstarstarstar
star
4.1

読みたい

0

未読

4

読書中

0

既読

35

未指定

37

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください