京都「龍馬逍遙」憂愁の殺人

名探偵・星井裕の事件簿 新・旅情ミステリー

光文社文庫

柏木圭一郎

2010年5月31日

光文社

607円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

かつて四条大橋近辺には五つの芝居小屋があり賑わっていた。ただ一つ残った南座に加え、西座が復活。柿落としの舞台『龍馬逍遥』は、大衆演劇出身の中村龍之介を主演に据え、好評を博した。東京公演では若手歌舞伎役者の市河時蔵が加わる予定だったが…。高知・桂浜で、時蔵が水死体となって発見された。龍之介を取材していた星井裕が事件の真相を明らかにする。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

3

読書中

0

既読

2

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください