さよなら、そしてこんにちは

光文社文庫

荻原浩

2010年11月30日

光文社

607円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

笑い上戸で泣き上戸の営業マン・陽介の勤め先は葬儀会社だ。出産直前で入院した妻がいるがライバル社を出し抜いた葬儀があり、なかなか病院にも行けない。生まれてくる子どもの顔を葬儀の最中に思い浮かべ、笑顔が出そうになって慌てる。無事仕事を終え、病院に向かう陽介にまた厄介な案件が…(表題作)。-人生の悲喜こもごもをユーモラスに描く傑作短編集。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(4

starstarstar
star
3.78

読みたい

3

未読

2

読書中

1

既読

66

未指定

70

書店員レビュー(1)
書店員レビュー一覧

荻原浩「さよなら、そしてこんにちわ」

--
0
2019年12月14日

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください