カラマーゾフの兄弟(2)

光文社古典新訳文庫

フョードル・ミハイロヴィチ・ドストエフス / 亀山郁夫

2006年11月20日

光文社

859円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

ゾシマの言葉にしたがって、アリョーシャは父の家に出かける。父と長男ミーチャとの確執は、激しさを増していくようだ。イリューシャとの出会い、スネギリョフ大尉の家で目にしたものなど、アリョーシャの心はさまざまに揺れ動き、イワンの「大審問官」で究極の衝撃を受ける。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(6

starstarstar
star
3.9

読みたい

6

未読

24

読書中

1

既読

59

未指定

82

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください