死の家の記録

光文社古典新訳文庫

フョードル・ミハイロヴィチ・ドストエフス / 望月哲男

2013年2月28日

光文社

1,694円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

恐怖と苦痛、絶望と狂気、そしてユーモア。囚人たちの驚くべき行動と心理、そしてその人間模様を圧倒的な筆力で描いたドストエフスキー文学の特異な傑作が、明晰な新訳で今、鮮烈に蘇る。本書はドストエフスキー自らの体験をもとにした“獄中記”であり、『カラマーゾフの兄弟』『罪と罰』など後期作品の原点でもある。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstarstar 4

読みたい

4

未読

3

読書中

1

既読

5

未指定

23

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください