シャーロック・ホームズ最後の挨拶

光文社文庫 新訳シャーロック・ホームズ全集

アーサー・コナン・ドイル / 日暮雅通

2007年4月30日

光文社

726円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

血の入ったバケツ、黒焦げの骨…「ウィステリア荘」でホームズは『グロテスクなものから恐怖へは、ほんの一歩なんだよ』と言う。その他、ホームズが瀕死の床に伏せる「瀕死の探偵」など7編を収録。表題作「最後の挨拶」は、ホームズの隠退からかなりたった第1次世界大戦直前の話で、60代になった二人がふたたびイギリス国家のために活躍する。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

2

未読

17

読書中

1

既読

11

未指定

20

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください