やがての螢

京都市井図絵

光文社文庫

澤田ふじ子

2012年2月29日

光文社

691円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

按摩の彦市は京都・北車屋町の風呂屋「梅乃湯」の二階で、いつも客の肩を揉んでいた。ある日、ならず者めいた客に不穏な気配を感じた彦市は、長屋の隣人・猿投十四郎に助けを求める。だがその直後、女客が刺し殺される事件が起きてしまう(「猿按の剣」)。名家・精華家の庶子である十四郎と彦市、過去を秘す二人の交流を軸に、市井の人々の喜怒哀楽を描き出す連作集。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

2

読書中

0

既読

3

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください