間者

鬼役6 長編時代小説

光文社文庫

坂岡真

2012年9月30日

光文社

691円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

将軍の毒味役、鬼役の矢背蔵人介は、鈴振り谷で強盗に狙われた。難なく退治したあとに残された一枚の駕篭図。そして、一関藩の元藩士が殺害され、老中首座の水野出羽守は毒殺、中奥出入りの医師が斬られた。これらの線がつながったとき、幕府を巡る陰謀が明らかになるー。話題騒然の鬼役シリーズ、第六弾は待望の書下ろし。笑いと涙と爽快感の超一級時代小説。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

star 1

読みたい

1

未読

3

読書中

0

既読

13

未指定

12

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください