和菓子のアン

光文社文庫

坂木司

2012年10月31日

光文社

733円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

デパ地下の和菓子店「みつ屋」で働き始めた梅本杏子(通称アンちゃん)は、ちょっぴり(?)太めの十八歳。プロフェッショナルだけど個性的すぎる店長や同僚に囲まれる日々の中、歴史と遊び心に満ちた和菓子の奥深い魅力に目覚めていく。謎めいたお客さんたちの言動に秘められた意外な真相とは?読めば思わず和菓子屋さんに走りたくなる、美味しいお仕事ミステリー。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(78

starstarstar
star
3.93

読みたい

258

未読

63

読書中

9

既読

646

未指定

439

書店員レビュー(1)
書店員レビュー一覧

坂木司「和菓子のアン」

--
0
2019年12月15日

みんなのレビュー (5)

あおたん

かわいい

starstarstar 3.0 2020年03月13日

ミステリーと呼ぶのは?という感じだけど、ほっこり謎解き物語。かわいらしい。主人公の杏子ちゃんが和菓子屋さんで働き始めて、少しずつ成長していく話。ちょっと立花さんのキャラがうざいけど… 日日是好日を読んだときは、たまらなく茶道を始めたくなったけど、これを読んだら、和菓子にも精通したくなってしまった。早速近くの商業施設に和菓子屋さんがあるか調べてしまった。日本人ってやっぱり文化が素敵で、茶道や和菓子には沢山の意味合いが詰まっていて歴史や先人の思いに繋がっていて、奥ゆかしい。日本って素晴らしい。日本人として、和のものにもっと関心を持つべきかも。知識として持っていると、更に日々に彩りや楽しみが出るんじゃないかなって。

全部を表示

mame-mame

和菓子が食べたくなる

starstarstarstarstar 5.0 2019年03月11日

とてもハートフルなお話 和菓子が無性に食べたくなる。 デパ地下に行きたくなる。

全部を表示

Nakamura Namiko

(無題)

starstarstar 3.0 2018年04月11日

お仕事小説、デパ地下の裏側が垣間見えて面白い。アルバイトで経験すると楽しそう。和菓子に興味出てデパ地下で買ってみようかな。

全部を表示

Readeeユーザー

(無題)

starstarstar 3.0

お仕事小説、デパ地下の裏側が垣間見えて面白い。アルバイトで経験すると楽しそう。和菓子に興味出てデパ地下で買ってみようかな。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください