喪われた道

長編推理小説

光文社文庫

内田康夫

2013年6月30日

光文社

733円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

青梅山中で虚無僧姿の死体が発見された!事件に遭遇した浅見光彦は早速調査を始める。被害者は尺八名人と言われた会社役員だが、修善寺ゆかりの秘曲「滝落之曲」だけは吹奏を拒絶していた。さらに光彦は、源頼家忌と重なった事件当日に修善寺でも虚無僧が目撃された事実を掴む。やがて被害者の過去とも繋がる謎の言葉「失われた道」が光彦の前に立ちはだかるー。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

5

未指定

6

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください