誰にも書ける一冊の本

光文社文庫

荻原浩

2013年9月10日

光文社

502円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

疎遠だった父の死に際して故郷に帰った「私」に手渡されたのは、父が遺した原稿用紙の束。気が乗らぬまま読み進めるうちに、過去にまつわるいくつかの謎が浮かび上がる。果たしてこれは、父の人生に本当にあったことなのだろうか?次第に引き込まれるうち、父と子の距離は、少しずつ埋まっていくー。父親の死を通して名手が鋭く描き出す、生きる意味と、親子の絆。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(3

starstarstar
star
3.87

読みたい

2

未読

4

読書中

0

既読

28

未指定

22

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください