溺れ谷

松本清張プレミアム・ミステリー 長編推理小説

光文社文庫

松本清張

2014年5月31日

光文社

792円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

大屋圭造は三流経済誌の記者。企業の提灯記事を書いては広告料を取る「トリ屋」である。大屋は亜細亜製糖社長・古川恭太に往年のスター・竜田香具子を斡旋し、取り入ろうとする。その過程で現職農林大臣・是枝と製糖会社のただならぬ関係に金の匂いを感じた大屋は、探りを入れ始めるが…。輸入自由化で揺れ動く砂糖業界と政界の黒い関係にメスを入れた社会派の傑作!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

1

既読

1

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください